2009年09月30日

一条のお宅訪問

先日、実際に一条工務店で家を建て、住んでいるお宅の家を何軒か見学させてもらった。

すべて「THE 一条!」って感じの家で、私たちが作ろうとしている感じの家ではなかったけど勉強にはなった。

<住んだ人の感想まとめ>
・収納をい〜〜〜っぱい作って大正解!
・家事動線(キッチン←→洗面所・お風呂)が一直線なのが便利。
・ベランダは洗濯物を干すだけだから狭くしたのは失敗。もっと広くすべきだった。
・お風呂は広くて正解。広い方がやっぱり良いですよ!
・畳の部屋はあったほうが良い。

そんな感じかな。
どれも比較的コンパクトにおさまりノーマルな家だった。
今度はもう少し遊び心を取り入れたこだらりの家を拝見してみたい。
【関連する記事】
posted by モコボタン at 15:55| Comment(0) | 一条工務店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

メリットとデメリット

今回は一条工務店のメリットとデメリットについて書いておきます。

まずはメリットから。

かなりの高性能であるということ!

例えば、省エネの性能を表すQ値は地域にも多少よるがほとんどの地域で1.16W/u・K、最も厳しい北海道でも1.6W/u・K。これは他社のハウスメーカーと比べると比較にならないくらいずば抜けた数値です。また、気密構造を表すC値も0.71と業界最高レベルの数値。これも他社と比較してもダントツだ。
また、花粉を98%除去してくれる高性能フィルターを使用。ここに力を入れている他社でも90%以上というのはあっても98%まであげたところは他にみなかった。

そして、すべて自社で作っているためローコストなのです。
また、通常のハウスメーカーは、一度見積もりを作ってから、そこにオプションなど追加をどんどんしていき値段があがっていくが、一条はほとんどが標準でついているので、最初の見積もりから必要ないものを削ったり減らしたりしていくことでどんどん値段が下がっていく仕組みに。
全館床暖房も食器洗いも玄関の御影石も・・・すべて標準でついている。いらなければ減らせばいい、そうすると見積もりの金額もどんどん減っていくというわけだ。

これにはちょっとしたわけがあり、他社のハウスメーカーは、契約時の金額でなく最終的にお金を払ってもらう金額で営業の成績が決まる。しかし一条は金額は一切関係なし。1000万の家を売ろうが1億の家を売ろうが成績は1件の契約、同じなのだ。そうすると営業マンは無理にオプションを進めて金額をねじ上げていく必要もなく、お客さんの負担が減るよう、お客さんの好みに合わせて本当に必要なものだけ入れようと提案し、営業自身もいらないと思ったものはどんどん減らしていくよう提案する。お客さんにとってはとてもありがたい仕組みになっているのだ。

また、シロアリについてもしっかり考えられている。1階はすべてシロアリ駆除にいらない木材を使用しているため、他社ではよくいわれる5年に1回のシロアリ駆除(約20万〜30万)はいらないのだ!これはかなり大きいでしょう!シロアリはくるかこないか分からないし、高額のシロアリ駆除をするのは保険のようなもの。ローンを返済しながらまた5年に1度20万〜30万なんてなかなか払えないしね。

他にも一条の魅力はたくさんあるんだけど、デメリットを感じてるものもある。
それは自社で作っているため選択肢が少ないということ。正直デザイン的にもうちょっとこうだったらいいのに・・・と思うところはあるかもしれない。ただ、どうしてもこだわりたいところはお金を足して他社メーカーのものをそのまま入れたらいい。例えばキッチンはパナソニックのものを入れたいとなると、標準でキッチンは入っているのでその差額のプラスになった分だけ追加で払うことになる。
オシャレにこだわるなら、一条だけで完結するのではなく他社メーカーを取り入れる必要があるだろう。
posted by モコボタン at 10:25| Comment(0) | 一条工務店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

工場見学

先日、一条工務店の工場見学にいってきた。(三重県伊賀市)

遠足みたいだったなぁ。一番遠くは四国から人が来るらしいが、とにかくす〜〜ごい人だった。
まずは展示場でリビングのテレビ台やら洗面台やらキッチンやらを見学。そして断熱のすごさを思い知ったのが、冷蔵庫の中に部屋が2つあり、1つは一条の床暖房(樹脂サッシ、Low-Eガラス)を使った部屋。もう一つはエアコンの部屋がある。毛布をかぶって4℃くらいの冷蔵庫からそれぞれの部屋に入ると・・・。恐るべし床暖房。快適な間隔・・・。空気が綺麗なんだろうなぁ。なんかエアコンによくある息苦しさみたいなのが全くない!とっても心地良い暖かさ。その証拠にその部屋に入ったとたん、0歳の息子はぐーぐー寝ちゃいました。。
エアコンの部屋は、入って「あ〜〜。」という感じ。賃貸の我が家は今まさにこの通りだから。「普通はこうだよなぁ・・・。」いかに床暖房が暖かく快適かということを思い知らされた。

他にも、防犯ガラスにトンカチで思いっきり殴らせてもらったり、阪神大震災と同じ震度7を一条の免震をつけた部屋とそうでない部屋に入って体感したり・・・と、いろんなことを体験させてもらった。

いや〜〜、勉強になったしとても良い体験をさせてもらった!!

一条工務店。
モデルハウスの感じが好みではなかったので、かなりマイナスのイメージから入ったこともあり、一条のことを知れば知るほど好きになってきたなぁ。
工場見学にいって良かったです。
我々は今回事情があり営業さんに家まで送り迎えしてもらったのだが、通常は近くのハウジングセンターに集まりバスで送迎してくれます。バスの中ではビンゴがあったりジュースが飲み放題だったり、子供スペースがあったりと、結構快適なよう。
また、現地でもジュースは飲み放題で、お昼のお弁当が出て、抽選会でお米や額縁などがもらえたり・・・とちょっとした楽しみもあります。
見学会楽しかったですよ。
やっぱり大きな大きな買い物だから、こうして自らの目でしっかり見て体感して勉強して理解して納得していくことは、とても重要だと思います。

家造りにおいて大切なものが、分かってきた気がします。
posted by モコボタン at 22:32| Comment(0) | 一条工務店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

kurumuの家・宿泊体感

先日、創建のkurumuの宿泊体感にいってきた。
場所は逆瀬川の野上三丁目。閑静な住宅街である。

実際に宿泊させてもたった家の間取りはいたって3LDKのいたって普通の家。ただ、kurumuの外断熱の素晴らしさは身を以て思い知らされた。

一階、二階にそれぞれ1台ずつのエアコンをつけているだけだが、この真夏にもかかわらず家全体が寒いくらい涼しく保たれていたこと。
「え!これでエアコン2台だけ!?」と驚かずにはいられなかった。

防音にもかなりの自信があるようで、確かに外の音は全く気にならなかった。もともと閑静な住宅街にあるのであまり音はしないのだろう。夜中ちょっとうるさいバイクが通ったときはさすがに気になった。「案外聞こえるやん!」と主人を顔を見合わせた。

創建の面白いところは、10年後か15年後に無料でリフォームしてくれるということ。リフォーム内容は、リビングの壁、子供部屋のフローリング、壁を新しく張り替えてくれること。そして子供の成長に合わせて子供部屋の仕切り(壁)を作ってくれること。
このサービスはすごい。

宿泊した部屋ではないが、見学させてもらった中でとっても気に入った家があった。
小さい子供が遊べるマルチスペース。
P1090072.JPG

ダイニングの横にあるちょっとした書斎スペース。
P1090075.JPG

リビングからつながるコンパクトなウッドデッキにリビングからのオープン階段。
P1090077.JPG
広々したキッチンに2階にあるお風呂に洗面台。2台分の駐車場。玄関壁のオシャレなタイル。。。
P1090080.JPG
とっても素敵でした。。。

ああ、これ、結構私の理想の家かも。。。
しつこく何度も何度も見学させてもらった。
でもやっぱり予算が・・・。場所が良いので土地代が高い上、この家はモデルハウス用にかなりのオプションをつけて高い家に・・・。それでもか〜なり値下がりしたそうなんだけど・・・6000万はやっぱり私たちの中で予算オーバーでした。

家具や照明もついてるしリフォームサービスも魅力的だし、小学校は目の前で人気の校区で、他にも魅力的なサービスを提案してくれて、私はかなり後ろ髪をひかれまくってるんだけど・・・やっぱり無理です。まぁそう簡単に家は買えないよね。勢いだけじゃ無理!特にうちはまだ場所(関東or関西)も決めてないので・・・(^^;)


それはそうと、宿泊体感、とっても良かったです。
お茶やジュースなども用意してくれてて、とても快適に過ごさせてもらいました。
外断熱の素晴らしさはものすごく感じたんだけど、数値でみるとやっぱり一条の内断熱っのほうが素晴らしいんだよねぇ。あれよりすごかったら、ほんとに光熱費だいぶ下がるだろうな・・・って思った。

家を建てる際、是非こういった体験もしてみることをオススメします。いろんなメーカーでもやってます。私ももう一社くらいは、宿泊体感してみたいなぁ。今度は冬に断熱のすごさを体感したいです。
posted by モコボタン at 23:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

かげやまモデルの家

セキスイでもらったパンフレットにとても興味深いのがあって。
あの陰山英夫さんが提案する「子どもが賢く育つ家づくり」です。

このパンフに細かくいろいろ書いていて、いろいろ気に入ったのはあるんだけど「これは是非実践してみたい!」と思ったのをいくつか。
・リビング階段でできれば少し吹き抜けを作って天井にメリハリをつける
・リビングに大きな自由机
・手伝えるキッチン
・どこでも本棚

これは実践したいなぁ・・・。家を建てることができたならば・・・。

リビング階段はやっぱり絶対!子どもが家に帰ったら必ずリビングに顔を出す。連れてきた友達も必ず顔を出し挨拶する。これは私の中で絶対です!休日にくつろぎまくってるときにリビングを横断されるのは微妙なときもあるので、リビングに入ってすぐのリビング階段が理想です♪
最近は断熱効果がすごく、吹き抜けになってるから冷暖房の効きが悪くなるということはないそうです。家が魔法瓶のようになってるので、逆に好き抜けになってるほうが良いくらいといってる人もいました。
天井は高いにこしたことはないそう。(かげやまパンフより)

何にでも使える大きい机は、子どもがここで宿題をしたり工作をしたり遊んだり・・・自分で考えて何でもできるスペース。用途を限定せずいつでもオープンに使えるようにします。

手伝えるキッチン!
子どもは調理実習が大好き。子どもと一緒に料理したいな♪

トイレはもちろんいたるところに本棚を設置。読書はほんとにいいみたいです〜。これ何だろう?子どもがそう思ったときにいつでもすぐ調べられるような空間は大事ですね。

たくさんある中から、実践したい!!と思った4つをピックアップしました。

かげやまモデルの間取り例を観ると分かりやすいと思います。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ
にほんブログ村
posted by モコボタン at 11:16| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

メーカー選びのポイント

みのもんた(最近は確かキムタクだったかな?)をCM起用している○マホームは結構ひどいみたいです。契約をしてからどんどんどんどん上乗せしていって結果的には坪単価がむちゃくちゃ高い家が出来上がってた・・・というのはよくある話のようです。会社自体の利益率も相当良くないしね。よくない噂が多い会社ですが実際のところは私はまだ営業にも会ったことはないし、そこの家を観たこともないので分かりません。

メーカー選びをする際、そのメーカーの商品だけをみるのではなく会社の経営状態をみるのもとても重要のようです。健全な会社か?しっかり利益を出している会社か?そういったところをチェックすると、積水の会社力はやっぱりダントツでした。そういう意味で、お金があって値段を気にしないなら積水でたくさんお金をかけて建てるとまず間違いないでしょうね。。積水は総合力がやっぱりすごいですから!

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
posted by モコボタン at 23:06| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

セールスポイント

最近みたメーカー営業者に、セールスポイントをズバリ聞いてみました。

三井ホーム
「デザインです。とにかくデザインには自信があるし、富裕層のかたに気に入って頂けることが多いです。芦屋のハウジングセンターは三井ホームだけがたっているところもあるほどです。」

クレバリーホーム
「外壁です。メンテナンスのいらない外壁を他社よりも安く提供できます。この値段では他社はできないと思います。」

積水ハウス
「とにかくトータル的な総合力!!」

一条工務店
「断熱!そしてシロアリ駆除のいらない加圧注入式防腐防蟻処理を標準で使用しているのは多分うちだけ。他社はなぜかオプションであったりないところもある。」

納得のいく答えでした。
ちなみに一条が言ってるシロアリ駆除のいらない木材のことを聞いても知らないメーカーもありました。木材である以上どうしても5年に1回はメンテが必要です。と普通に返されてしまいました。シロアリ駆除を5年に1回(20万くらいはする)をしてると・・・結構ですよね。これはかなり大きいのでメーカー選びのときに注意が必要です!

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
posted by モコボタン at 23:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

断熱について3 -ガラス-

次はガラスの断熱についてです。

各社どこでも採用している断熱ガラスLow-E。
Low-Eとそうでないガラスに同じ熱を加えたものを触らせてもらいました。
違いは一目瞭然でした。
Low-Eはほとんど熱を感じなかったが普通のガラスは熱かった。これだけ伝える温度が違えば家の室温は全然変わってくるなぁととても納得しました。

これもどのメーカーも標準使用しているのですが、気をつけなければならないのは、Low-EはLow-Eでもメーカーによって質が全然違うということです!
メーカーによってはLow-Eとうたっているけど本当にそうか?というほどの質のところもあるそうです。
ちなみに私たちが一番すごいと感じたのは、これまたやはり一条のLow-Eでした。
二重ガラスの間にアルゴンガスが入っているのです。多分ガスが入ってたのは一条だけじゃないかな。この断熱のチカラはすごいと感じました。

これだけ外気の影響を受けないが壁、サッシ、ガラスを使えば、冷暖房の光熱費が節約できるのは間違いないですよね。あ、もちろん床や天井の断熱も重要でどこも力を入れてました。三井ホームは「うちは屋上にこの断熱材を使ってるので3Fに書斎が造れるんです。」と屋上の断熱材に力を入れてました。

総合的に今回注目した断熱については、一条工務店が最も優れていると感じました。大手メーカーの営業さんもそれは認めていたので間違いないでしょう。

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
にほんブログ村にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ
にほんブログ村
posted by モコボタン at 22:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

断熱について2 -サッシ-

引き続き「断熱」についてです。

サッシの断熱についてですが、今回冷蔵庫に使っているアルミサッシと樹脂サッシを触らしてもらいました。
やはり全然違いました。
アルミのほうはすごく冷たくガラスには結露がいっぱい。一方樹脂のほうは冷たくなくガラスの結露も全くありませんでした。この違いはすごいです!

以前住んでいた賃貸マンションで、とにかく結露のひどい所があって、カーテンもカビがはえてしまうし・・・大変でした。何より体に良くないそうです。
そういった経験をしているからか、樹脂サッシの重要性は強く感じました。

まぁ最近はどのメーカーも樹脂サッシは当たり前で、それ以外を使ってるところはほとんどないようです。しかし見学した中にはそれ以外を使ってるところもあったので、一応確認しておいたほうがいいでしょう。(アルミは論外です)

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
にほんブログ村にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ
にほんブログ村
posted by モコボタン at 22:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

断熱について1 -壁-

今はどこのメーカーも売り文句は「断熱」なんですね。

今回は、今日主に勉強した断熱について書きたいと思います。

断熱とは熱が伝導や対流、放射によって伝わるのを防ぐこと。
夏は熱い外気を内に入れるのを防ぎ、冬は寒い外気を内に入れるのを防ぐ。つまり断熱がしっかりしている家は、夏は涼しく冬はあったかい家を実現できる。といってももちろん冷暖房何もいらないということではなく、外気の影響を受けにくいので少しの冷暖房光熱費ですむということです。これはすごく大事ですよね。

各メーカーいろんな断熱材を使っていますが、やっぱりすごかったのは一条工務店です。
これは、他の大手メーカーにいっても、「ハッキリ言って断熱に関しては一条さんにはかないません・・・。」と認めるほどです。

の断熱
壁に入れる断熱材は各メーカー様々です。それの質によって全然変わってきます。
いろいろみた中でも断熱に関しては一条がダントツでした。ただし同じ一条でもi-cubeとセゾンではまた断熱の強さが違います。断熱に関してはi-cubeはセゾンより勝っていてトップ中のトップです。しかしi-cubeまでいくと北海道でもあるまいしここまで断熱が必要か?とスペックオーバーな感じはあります。
使う断熱材は各メーカー違うので比較が難しいですが、いくつかのメーカーでどんなものを使っているのか確認してみるといいでしょう。見た目でも結構分かるものです。

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
にほんブログ村にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ
にほんブログ村
posted by モコボタン at 22:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。